学歴

転職でも高学歴・資格は有利に働くのか?(新卒採用時と比較)

「有名難関大学出身(高学歴)だから転職も容易だろう!」
「この資格を取れば、転職に有利だろう!」

これらは、転職の実態を捉えていない人が抱く誤った妄想です。学歴や資格があれば転職に有利になると信じて疑わないこのタイプの人は、履歴書の見栄えを良くするために資格取得に励みます。もちろん、努力する様は評価されるべきですが、それだけでは決して勝ち抜けないのが転職です。

この意味するところを詳しく見ていきましょう。

学歴は採用への最終決定要因にはならない!?

まずは「学歴」です。

東大をはじめとした難関大学出身者は、そうでない人に比べると確かに有利です。世の中、分かり易いほうが評価されますから、難関大学出身というブランドがあれば、誰もが一定の評価をしてくれます。しかし、学歴で採用を勝ち取れるほど、転職は甘くはありません。

例えば、東大と早稲田、中央大の求職者がいたとして、中央大出身者が採用されることは普通にあります。4大卒を差し置いて、経験豊富な短大卒が採用されるなんてのも日常茶飯事です。

この事実は、学歴は第一段階では評価されるが、採用への絶対的要素ではないということを物語っています。結局のところ、最後はやはり人物評価であって、いくら頭が良くても、企業の求める経験・スキルを持っていなければ採用されません。

転職(中途採用)においては、学歴よりも大学を卒業してからのキャリア形成の方が圧倒的に重視されます。これは、企業が中途採用者に「即戦力性」を求めているからです。そのため、どんな経験をし、どれだけの実績を挙げてきたのか、どんな失敗をし、苦難を乗り越えてきたのか、このようなことが評価されるのです。

これが転職の本質ですから、学歴を新卒採用時と同じ感覚で捉えるのは危険です。新卒採用において学歴が有利に働くのは、仕事のできるできないを評価する指標がないからです。逆に、転職に臨む人は社会人経験を持っているわけですから、「仕事(経験・スキル)」が絶対的な評価指標となるのです。

  • 高学歴はあくまでも第一印象が良いだけに過ぎない
  • 学歴が採用への最終決定要因になることはない

転職にはこの認識で臨みましょう。はっきり言って、アピールすることが「過去の学歴」しかないような人は、転職市場を勝ち抜けません。企業は、高学歴の人物を採用したいのではなく、豊富な経験やスキルを持ち、即戦力として貢献してくれる人物を採用したいのです。

 

資格マニアの落とし穴!

資格取得の勉強を第一に考え、社会人としての経験・実績が乏しい人がいます。

本人は仕事に活かせると信じて疑いがないのですが、「門前払いを受ける典型」であることを知る必要があります。もしあなたが20代であるならば、資格取得に勤しむよりも、いち早く多くの経験を積み、仕事で実績を残していくべきです。

<司法試験でさえも通用しない世の中に・・・>
 
昨今、新司法試験の影響から、勉強する期間が長くなってしまい、結果、法務領域での人材不足が発生しています。おおよそ30歳くらいまで社会に出てこない現象を生み、有資格者であれ、無資格者であれ、社会人経験が大きく不足しています。
 
弁護士でも仕事がないという報道がされていますが、この大きな理由は「社会人経験がないから雇えない」といったものです。ある法務関係者はこう言います。
 
「30歳を超えた人に、名刺の渡し方、電話の取り方を教えるのはきついよ・・・」
 
これまで、「資格を取得するために働いていない」ということが唯一許されたのが司法試験でした。その試験でさえ、今はもう評価の対象外になってきているのです。その他、社労士、税理士、公認会計士などの難関資格も同じです。

この司法試験の例は、資格よりも、経験が重要なことを物語っています。

もちろん、資格取得が無駄の行為だとは言いませんが、資格取得に勤しむならば、今の仕事を全力でこなし、実績を積み上げる方が遥かに重要だということです。何故なら、企業は「肩書き」よりも「実績」を重視するからです。即戦力を求めることが多い転職では尚更です。

要は、「資格取得を頑張った!」が評価されるのは新卒採用だけなんです。中途採用では、仕事(経験・スキル)という明確な評価指標が存在するわけで、「資格取得 = 仕事ができる」も成り立たないので、資格の有無が採用決定要因になることはないのです。

一部の資格取得教材を売りにしている企業が、「〇〇を取れば転職が有利に!」なんて宣伝していますが、あくまでも教材を売るための「ウリ文句」です。資格はあくまでも、仕事をやりやすくする手段に過ぎず、転職を有利に進めてくれるものではない!という認識でいることが大切です。

資格が転職を有利に導いてくれるという考えから、自分の職務領域に関係のない資格を取得して履歴書に書く人もいますが、企業はそういった資格マニアを特に敬遠します。これが現実ですから、「応募職種に関連のない資格」「誰でも簡単に取得できる価値の低い資格」を羅列するのも避けましょう。

 

 


関連記事


転職サイトランキング



人気記事

  1. 給料

    2017.01.08 | 転職サイト

    転職サイト求人の給料の実態!ホントはいくら貰えるの?
  2. 未経験OK

    2016.08.03 | 転職サイト, 転職活動

    転職サイトの「未経験OK」の意味を理解して応募しないと後悔する!
  3. 転職の現実

    2016.10.15 | 転職の現実

    あまり知られていない「転職の現実」厳選10選!
  4. 嘘

    2016.07.13 | 職務経歴書

    職務経歴書の実績に嘘を書いても構わない、ただし・・・。
  5. 圧力

    2016.08.04 | 転職の現実, 転職の考え方

    仕事のプレッシャーから逃げたいから会社を辞める!そんなあなたに伝えたいこと。
  6. 自己紹介

    2016.05.27 | 面接

    転職面接「自己紹介」の例文と流れ・内容・時間を徹底解説
  7. パニック

    2016.07.26 | 面接

    面接で頭が真っ白になっても”沈黙の許可”を貰えば問題なし!
  8. 個性

    2016.07.26 | 面接

    面接で個性的な回答は必要か否か?そもそも、個性的な回答とは何なのか?