ランク

転職の「不採用理由」ランキング【BEST3】

有効求人倍率が高水準に推移し、求職者にとっては好ましい状況であるにも関わらず、依然、「応募条件を十分に満たしているのに不採用になってしまう」というケースが多発しています。

企業にとっては、「人材は欲しいけれども、採用には慎重を期している」という状態で、景気(業績)が大きく上向いている状態でもないので、採用リスクは極力減らしたい(本当にいい人だけを採用。最悪、今いる人材でも何とかやっていけるので…)といった考えが働いている結果です。

社会全体がこんな状態なので、「有効求人倍率が高い = 簡単に転職を実現できる」という公式は成り立たず、転職でも「不採用の連続」といったことは珍しくありません。しかも、不採用理由が求職者に伝わることが皆無に近い状態なので、負の連鎖から中々抜け出せないのです。

それ故に、転職に臨むにあたって、「どのような理由で不採用というジャッジがなされているのか?」を知っておくことは大切です。もちろん、求職者や企業は多種多様、その数だけ様々な不採用理由が存在するのですが、その中でとりわけ大きな3つのパターンをご紹介します。

 


 

不採用理由ランキング1位:スペック不足

誰もが理解している部分かと思いますが、ご想像の通り、不採用理由の過半数は「スペック不足」です。

募集背景で求める要件に対して若干の不足がある、または、他の応募者との相対評価で残念ながら劣位になってしまうケースですね。

実際、1件の求人に対して平均30人(人気企業・人気職種の場合は100人)のライバルがいると言われており、候補者の中からNo.1を選ぶのが「採用の本質」なので、その募集タイミングでどんな候補者が集まっているのかという、時の運にも左右されます。

転職は限られた採用枠を争う戦いでもあるので、勝負に負けることは仕方ありません。その中であえて対策を挙げるとするならば、求人の募集条件は「応募に必要な最低限の条件でしかない」ということを念頭に、応募する求人の精度を上げていく方法です。

要は、「自分の勝てるところで勝負する」という活動方法ですね。

転職を実現する上でも非常に重要な考え方であり、不採用の連続で内定を獲得できない人は、自分が勝てないところ(高望み)で勝負している可能性があります。スペック不足が原因かな? と感じる人は、検討して欲しいと思います。

但し、興味を持った会社にも関わらず、「自分は応募条件をギリギリ満たしているだけだからダメだろう」と鼻から応募しないという選択も間違っています。ここは、「自分よりも優秀なライバルがいるだろうが、万全の準備で何とか勝負に持ち込もう!」という意気込みで積極的に応募することです。

その結果がどうであれ、全力で立ち向かった経験が、次の志望度の高い会社の採用過程で生きるはずです。

不採用理由ランキング2位:オーバースペック

意外に思われるかもしれませんが、オーバースペックで不採用となることも結構あります。

たとえば、「高スペックすぎて給料などの条件が合わないだろう」「配属予定部署の若手課長では扱いきれないだろう」「採用しても物足りなさを感じてすぐに辞めてしまうだろう」「なぜこんな優秀な人が内の会社に? 何か問題があるのでは?」といったことで敬遠されるケースですね。

比較的人気のある企業や職種の場合には、このタイプの不採用が2割前後を占めることもあります。この不採用理由こそ、教えてもらえばその後の活動に自信が持てるのですが、残念ながらこうしたケースほど「保留扱い」にされ、白黒つかないまま放置されがちです。

応募条件を大きく上回り、万全の準備、絶対的な自信で臨んだにも関わらず不採用となった場合は、あらためて応募条件と自身のスペックとの距離感を測ってみて、「自分はこの企業にとってオーバースペックすぎたんだ」と考えるようにして下さい。

仮に、志望度の高い会社との間で大きな距離感を感じる場合は、応募書類上で自身の求める条件や担当職務、その理由などをしっかりと伝え、採用側が感じるギャップを軽減することで対策できます。

不採用理由ランキング3位:不条理(会社都合)

企業によっては、あまりにも特殊な「独自の採用基準」を持っていることもあります。

採用というのは企業に決定権があるので、不条理(会社都合)による不採用については、応募者側は対策しようがありません。ただ、このタイプの会社が存在することを知っておくだけでも、不採用が続いた際の気休めにはなります。

事前に不条理な採用基準を持つ会社を見分けることは困難ですが、転職に関する口コミサイトなどで、「採用過程(合否)に関する疑問を多くの人が口にしていないか?」といった情報を調べることで回避できるかもしれません。

 


 

目先の希望より、中長期的に得たいことを重視して企業を選ぶ!

ここまでご覧いただければ分かる通り、「不採用と判断される理由は、求職者側にだけ問題があるわけではない!」ということです。だから、転職活動で不採用が続くことがあっても、決して自信を失わずに行動して下さい。

不採用を極力回避するには、応募先の選択制度を上げることが重要です。求人を探すときの「観点」だけは、自分自身(求職者側)でコントロールすることが可能ですからね。

これまでの経験に縛られたり、目先の「給料」や「休日」といった希望を追いかけ過ぎず、「将来的にこんな能力を身に付けたい」といった中長期的スパンで、自分が仕事を通じて手に入れたいことを軸に活動した方が、選択肢が広がり、精度も高まります。

自分が輝ける場所を見つけるための参考にしていただければ幸いです。

 


関連記事


転職サイトランキング