40代

40代で転職できるか不安、そんな時に検討して欲しい活動方法!

「40代以降の転職は非常に厳しい。」

恐らく、40代で転職を考えている方なら理解していることだと思います。
そして、残念ながらそれは「紛れもない事実」でもあります。

でも、転職が不可能かというとそうでもありません。
何故なら、40代だからこそ持ち併せている豊富な経験や能力を求めている企業があるからです。

じゃ、どうやってその求人を見つければ良いのかって話になるわけですが、それは探しても見つからないことが多いです。何故なら、その求人は隠れていることが多いからです。

これが事実であるからこそ、検討して欲しい活動方法があるんですね。

何故、求人が隠れているのか?

まず、求人が隠れている(公開されていない)理由についてお伝えします。

40代以降は求人自体が少ないというだけでなく、実際に転職に臨む人も少ないという実状があります。つまり、「需要も少なければ、供給(転職希望者)も少ない」ということですね。

そんな実状の中で、40代以降(年齢を問わない)の豊富な経験を求めている企業はどう求人を募るか。
それは、「求人を非公開にして募集する」という形をとります。

転職サイトに短期間掲載しても、応募者が集まらない(企業が望む人を採用できない)可能性が高く、それは経費の無駄にしかならないからです。だからこそ、人材紹介会社に「こんな経験を持つ人がいたら紹介して下さい」というスタンスをとっているんですね。

これが、求人が隠れている理由です。

非公開求人に可能性を見出す

40代以降で転職を考えている人は第一段階として「非公開求人」に可能性を見出して欲しいんですね。
つまり、転職エージェントサービスを利用するということです。

これには、前述したように「あなたの豊富な経験を求めている企業の求人は隠れているから」という理由もあるのですが、もう一つ重要な意味があります。

それは、あなたの経験や能力・スキルが転職市場で求められているのかを探ることができるというものです。

40代だが、転職したい(転職の必要性に迫られている)。
でも、転職できるか不安。
自分が転職市場で求められているのかを知りたい。
40代のあなたはこんな不安や想いを抱えているかと思います。

それを真に解決できるのが転職エージェントです。

エージェント

転職エージェントは営利企業であり、転職希望者を入社させてはじめて売上が計上されます。
こんな仕組みで成り立つビジネスですから、非常にシビアです。

登録しても「この人には紹介できる企業がない」と判断されれば、サービスの利用を断られます。
利益にならないという観点から、時間の無駄なので面談もしてくれません。

逆に、「この人になら紹介できる企業がある」と判断されれば、求人紹介だけでなく、内定獲得に向けて親身にサポートしてくれます。

つまり、自分の価値を知ることができ、転職の可能性も探ることができるんですね。
また、どんな企業から需要があるのかも知ることができます。

これ、エージェント経由で転職先が決まらなかったとしても、今後の転職活動に活かせますよね。
だからこそ、40代の転職には真っ先に転職エージェント利用を考えて欲しいんですね。

今の自分の立ち位置をしっかりと把握する!
希望的観測に囚われないよう現実を知る!

これが大切です。

転職エージェントに関しては、圧倒的な求人数を誇る「リクルートエージェント」or「DODA」が40代の転職希望者にはおすすめとなります。求人数の多さから可能性を高めるだけでなく、40代以降の転職を実現してきた大手ならではの実績があるからです。
有名大手で言うと、「マイナビエージェント」もそこそこの求人数を誇りますが、どちらかというと若年層向けなのであまりおすすめできません。
 
・エージェント詳細情報1 ⇒ 「リクルートエージェントの特徴と評判」へ
・エージェント詳細情報2 ⇒ 「DODAの特徴と評判」へ

転職エージェント利用後の活動

まず、そのまま転職エージェント経由で転職先が決まれば万々歳です。

次に、ある転職エージェントで求人を紹介してもらったが決まらなかった場合。
その時は他のエージェントも利用して可能性を探るのがベストです。
転職可能と判断された経緯があれば、別のエージェントでも通用する可能性が高いからです。

仮に、「紹介できる求人がない」と登録を断られたとしたら。
その場合は、非常に厳しい現実がそこにあると認識する必要があります。

それが転職市場の現実ですから、嘆いても仕方がありません。
その結果を受けて、今後の転職活動をどう進めるかを考えていきましょう。

  • 長期戦になる可能性があることを覚悟して活動を続ける
  • 40代以降でも雇ってくれる業界・職種まで選択肢を広げる
  • ハローワーク、求人誌、求人チラシなども利用し、中小企業・地元企業まで検討する

このように考え方を軟化させ、可能性を探っていくことが必要です。

ただ、絶対に転職しなければならない場合を除いて、自分の意に反した会社(業界・職種)に無理やり転職することはあまりおすすめしません。

結局、続かない(また辞めたくなる)可能性が高く、後悔に繋がるからです。
ですから、転職しないことも選択肢の一つとして検討することが時に大切になります。

まとめ

40代の転職は可能性を探ることから始める。
これが最も伝えたかったことであり、推奨する活動方法です。

「40代だが転職しようかどうか迷っている。」
「40代で転職できるかどうかの不安を解消したい。」
「厳しいことは理解しているが、転職できるものなら実現したい!」
「転職の可能性を探ってみたい!」
「転職市場で自分のキャリアが通用するのかを知りたい!」

こんな思いを抱える転職希望者に検討して欲しい活動方法です。

40代でも転職は成る!
40代だからと気おくれせず転職活動に臨んで下さい!

転職エージェントはまだ早いと感じる人は、「MIIDAS」という転職サイトで可能性を探るのも良いかもしれません。このサイトは、自分の経歴やスキルを選択式で登録していき、それにマッチした企業のみ閲覧でき、更に面接確約オファーのみ届くというサイトです。
 
また、転職に有益なデータ分析が行える(あなたと同じ年齢・スキルを持つ人がどんな転職を実現したのかなど)ので、利用価値は高いです。
 
興味のある方は「MIIDAS~新しい価値を提供してくれる転職サイト~」ページにて詳細を解説しているのでご参照下さい。

 


関連記事


転職サイトランキング



人気記事

  1. 圧力

    2016.08.04 | 転職の現実, 転職の考え方

    仕事のプレッシャーから逃げたいから会社を辞める!そんなあなたに伝えたいこと。
  2. 読み解く

    2016.07.16 | 転職サイト

    転職サイトの信憑性が低いのは当たり前、どう読み解くかが重要!
  3. キャリア形成

    2016.09.04 | 転職の現実

    キャリア形成していかないと「会社から必要とされなくなる」怖い事実!
  4. ブラック企業

    2016.09.03 | 転職の現実

    ブラック企業を避けて転職を繰り返すと、結局はブラックに辿り着く
  5. テスト

    2018.01.06 | 転職活動

    転職における「性格診断テスト」の対策と3つの目的!
  6. 転職先延ばし

    2016.10.14 | 転職の現実

    転職を先延ばしにするのは危険!
  7. 嘘

    2016.07.13 | 職務経歴書

    職務経歴書の実績に嘘を書いても構わない、ただし・・・。
  8. 個性

    2016.07.26 | 面接

    面接で個性的な回答は必要か否か?そもそも、個性的な回答とは何なのか?