はてな

30代・40代の転職でもSPI対策は必要か否か?

30代・40代の転職における選考プロセスといえば、履歴書・職務経歴書で書類選考を行い、通過者のみ面接を行うというのが一般的です。しかし最近は、SPI試験や課題を課す企業が増えているのが実情です。この背景には、「書類や面接では見極めにくい点を補いたい」という企業側の思惑が隠れています。

適正検査(SPI)で言うと、就活生や若年層の転職者にとっては定番ですが、これを30、40代にも受験させる動きが活発化しているのです。

これは、中学・高校レベルの基礎学力を問う「能力検査」と「性格検査」で構成されていますが、ビジネスパーソンとして最低限備えておくべき学力が乏しい人材がいて、入社後にミスマッチが発覚するケースがあります。このミスマッチを防ぐ手段の一つとして、この年代にも課す動きが出ているんですね。

【変化する選考フロー】
 
<これまでの一般的な選考フロー>
書類選考 ⇒ 一次面接 ⇒ 最終面接
 
<最近増えている選考フロー>
適正検査(説明会と同時 or ネット上)⇒ 書類選考 ⇒ 一次面接 ⇒ 二次面接 ⇒ 最終面接

要は、選考をより慎重に行い(選考過程の増加)、採用リスクを軽減する動きが活発化しているのです。転職希望者からすると勘弁して欲しいところですが、これが今の転職市場の流れです。

 

30代・40代でも適正検査(SPI)の対策は必須!?

30代・40代の転職希望者からすると、「こんなテストに意味があるのか!」「経験、スキル、仕事の力量が重要では?」と叫びたいところでしょうが、採用権限は企業側が全て保有しています。その為、内定を獲得する上で適正検査(SPI)対策は必要不可欠となっているのです。

しかし、現実問題として30代・40代の転職希望者はこの対策を疎かにしがちです。つまり、ここに同世代のライバルを出し抜く一つのチャンスがあるわけです。今更感はぬぐえないかもしれませんが、ライバルを蹴落とすチャンスと捉えて取り組むことをオススメします。

適正検査 転職者用SPI問題集が多数出版されています。最低1冊は購入し、繰り返し何度も解いておくことです。
性格検査 偽って回答すると、ライスケールという質問に引っ掛かり、検査結果に矛盾が生じます。嘘は絶対にバレる仕組みなので、ありのままの自分を回答することが大切です。

 
昨今は、適正検査(SPI)以外にも、「課題リポート」「プレゼンテーション」「ロールプレイング」などを課す企業も存在します。応募企業の選考フローを適切に把握し、抜かりなく対策しておきましょう。結局、この種の対策をしっかりと行う人が一早く転職活動を終えていくのです。

 

 


関連記事


転職サイトランキング



人気記事

  1. 仕事を辞めて転職

    2016.02.15 | 初めての転職, 転職の考え方

    仕事を辞めてから転職活動する4つのデメリット
  2. 読み解く

    2016.07.16 | 転職サイト

    転職サイトの信憑性が低いのは当たり前、どう読み解くかが重要!
  3. 転職先延ばし

    2016.10.14 | 転職の現実

    転職を先延ばしにするのは危険!
  4. 給料

    2017.01.08 | 転職サイト

    転職サイト求人の給料の実態!ホントはいくら貰えるの?
  5. 2016.11.03 | 初めての転職, 転職活動

    転職における適性テストの全貌(内容・対策・注意点)を知ろう!
  6. キャリア

    2016.08.02 | 心得, 転職の考え方

    キャリアを積むとは?その意味について深く考える!
  7. 最初

    2016.12.20 | 転職活動

    転職活動の最初にやるべき極めて重要な3つの行動!
  8. テスト

    2018.01.06 | 転職活動

    転職における「性格診断テスト」の対策と3つの目的!