20代転職しないほうがいい

20代は転職しないほうがいい!?いや、20代こそ動こう!

20代こそ人生をもがく最大のチャンスなのではないでしょうか。

数年働いただけでは、やりたいことができないのは当たり前。社会人の基礎を作り、ある程度の実績をあげてから考えるべき。この様な考え方から、20代は転職すべきでないとの意見も存在します。これも間違いではないと思います。

ただ、こと転職に関して言うならば、それは正しいのでしょうか。私は、そうは思いません。動くのであれば、20代である「今」であると思います。

30代以降であっても豊富な経験とキャリアさえあれば「キャリアアップ」の転職は可能でしょう。ただ、それはあくまで高いキャリアを持っている人に限られます。また、「キャリアアップ」の為の転職は可能だが「キャリアチェンジ」の転職は年齢を重ねるだけ不可能に近づきます。採用側が年齢を重ねた未経験者を求めることはないですし、会社は慈善事業ではないのでそんな場を用意してくれるはずもありません。

つまり、転職は年齢を重ねる分だけ難易度が増すことは事実であり、新たなことに挑戦する類いの転職は不可能に近づくということです。また、年齢を重ねていくと状況から動きたくても動けないケースも比例して増えていきます。結婚なんかがその代表例ですね。

このことから「転職するのであれば20代、それもできるだけ若い内に」というのが正解ではないでしょうか。今の業種や職種でキャリアを重ねていきたい。そう考えているのならそこまで焦る必要はないでしょうが、異業種・異職種に挑戦したいと考えているのなら20代の「今」しかない。これが現実の様に思います。

今の社会は若年層の出入りが激しいので、企業側も若い人を欲しています。特に第二新卒であれば実績やキャリアがなくても「可能性」で採用されるケースも大いにあります。もちろん、転職するのであればリスクを把握し、それを受け入れる覚悟を持って動かなければなりません。ただ、何があっても若いという理由だけで潰しが効くのも20代の特権です。

私は、20代こそが色々な経験をするべきであり、それができる唯一の年代ではないかと感じます。転職は決して甘い世界ではありません。ただ、動くことでしか知ることができないことも多分にあります。覚悟を持って転職を選択したのであれば、それは必ずやあなたの財産となるでしょう。転職が難しい年齢になってから「あの時動いていれば良かった」この後悔だけはすることがない様にしましょう。


関連記事


転職サイトランキング



ピックアップ記事

  1. ストップサイン

    転職の現実

    会社(職場)が不満で転職すると、失敗する可能性が高い!?
  2. 疑問

    初めての転職, 転職の悩み

    転職を考えていることを会社・上司に伝えるべきか?
  3. 恋愛

    エージェント

    転職エージェントに「恋愛感情」を抱くことは極めて危険!
  4. パソナキャリア

    エージェント

    パソナキャリア比較!他エージェントとの明確な違いを知ろう!
  5. 金融

    職務経歴書

    金融・不動産系営業職「職務経歴書」の書き方とポイント!
  6. マイナビエージェント

    エージェント

    マイナビエージェントの年齢層からターゲットを探る!
  7. doda&パソナキャリア

    エージェント

    DODAとパソナキャリア!利用するならどっち?
  8. エン転職

    転職サイト

    エン(en)転職はフリーターでも登録利用できるのか?